飛蚊症

目をこすっても一向に消えてくれず、目の前を小さな糸くずや輪、または半透明の浮遊物が常に飛んでいるように見える症状が飛蚊症です。
飛蚊症には生理的飛蚊症と、目の病気が原因で起こるものがあります。
生理的飛蚊症の場合は、今すぐ重大な症状になることはありませんが、放置すると組織の変質が進行し、「後部硝子体剥離」「網膜裂孔」といった眼病を発症して失明する危険性もあるため、決して自己判断せずに専門医の診察を受けましょう。

眼底検査と飛蚊症について

飛蚊症には、しばらく放置しておいても支障のない場合と、重大な病気の前触れである場合があります。その2つの違いはなかなか判断することはできません。
そこで見える浮遊物の数や大きさ等がひどくなってきたときには、必ず眼科で検査を受けることが大切です。
眼科では視力や視野等の目の精密検査を行いますが、最も重要な検査は眼底検査です。
眼底検査とは、検眼鏡を使って瞳孔から眼球の奥の網膜の状態を調べるものです。
「後部硝子体剥離」のみであれば、まださほど危機な状態ではありませんが、硝子体と癒着した網膜が引っ張られているような場合は、すぐに治療する必要があるのです。
さらに「網膜裂孔」や「網膜剥離」が認められれば、緊急で手術を要します。
眼底検査の結果、生理的な飛蚊症と判定されれば過度に心配せず、慣れるように努力しなければなりません。何故なら生理的な飛蚊症には治療法がなく、そのままでも次第に気にはならなくなりますが浮遊物が消失することはありません。
このため、まずは飛蚊症の原因が生理的なものか、病気の前触れなのかをチェックすることが正しい治療のスタートになります。

PATETOP

眼病「後部硝子体剥離」が原因の飛蚊症

今すぐ重大な症状になることはありませんが、放置するとやがて「後部硝子体剥離」や「網膜裂孔」といった思わぬ眼病が発症して、失明してしまう危険性もあるので注意が必要です。大切な目のことですので放置しないようにしましょう。

「後部硝子体剥離」のメカニズム

  1. 1.硝子体が変質して硝子体の繊維組織が壊れる
  2. 2.組織が壊れるのを原因に水の塊ができる
  3. 3.水の塊が徐々に巨大化し、硝子体全体が収縮。やがて網膜との接触部分から次第に剥離する。

この3つの原因から、「後部硝子体剥離」となることがあります。
硝子体が網膜から剥離する際に、網膜の表面にある毛細血管を引張り、血管が破れて出血が起こり、この時に飛蚊症が発生します。
「後部硝子体剥離」は、とくに近眼の方に発生しやすく、その中でも女性に多いといわれています。これまで、50歳以上に多いといわれていましたが、生活環境の変化で最近では20代でも発症が見られます。

眼病「網膜裂孔」が原因の飛蚊症

「後部硝子体剥離」を発症するときに、20%程度の割合で「網膜裂孔」が起こることがあります。「網膜裂孔」は、剥離しかかっている硝子体が網膜に強く癒着している場合に、網膜の組織を引っ張ってしまい裂けて孔が空いてしまう病気です。
このとき、網膜の毛細血管粕が破れて出血することによって激しい飛蚊症が起こります。さらに、ぶどう膜炎や眼底出血によっても飛蚊症は起こります。
特に恐いのは、「網膜裂孔」から進んだ「網膜剥離」で、放置すると失明してしまう危険もあります。

その他/飛蚊症と硝子体の病気「硝子体出血」「硝子体混濁」

飛蚊症は「後部硝子体剥離」「網膜裂孔」以外もあります。
硝子体出血や硝子体混濁が原因によるものです。

「硝子体出血」

糖尿病性網膜症や網膜中心静脈閉塞症になると、 網膜の血管がつまって血液の循環が阻害されます。 すると非常にもろくて破れやすい新生血管が発生し、 網膜内から硝子体内に伸びてゆきます。ところが加齢にともなって後部硝子体剥離が起こると、 新生血管は強く引っ張られて破れ、硝子体出血を起こします。 出血の程度により飛蚊症や、ものがかすんで見える、 視力低下などの症状が表れます。硝子体出血によって起こる飛蚊症は、「突然に起こる」ということと、 「墨を流したような黒い影が現れる」のが特徴です。網膜剥離を起こしている場合には、できるだけ早く硝子体内の出血を除去し、 剥離した網膜を元に戻さなければなりません。 放置すると、やがては失明に至ります。

「硝子体混濁」

硝子体混濁を起こす病気には様々な種類があります。 もっとも多いのは、網膜や脈絡膜に炎症が起こり、 血管からにじみ出た炎症性細胞やたんぱく質が硝子体に侵入することです。ここから硝子体が混濁し、飛蚊症や目のかすみ視力低下が起こります。通常は、薬物により混濁を抑える治療を行いますが、 それでも軽減せず「網膜剥離」などを併発したときには硝子体の手術が必要です。

明るい空や白い壁を見た際、≪気づいたら飛蚊症≫という人がほとんどです。しかし、軽んじていると、気付かぬうちに深刻な病気に進行する可能性があるのが、飛蚊症なのです。

光るものが見え、視野が欠けたら要注意!

「網膜裂孔」や「網膜剥離」の場合、突然に鮮明な浮遊物が現れ、常に見える状態となります。また、剥離する直前にピカピカとした光が見えることもあります。
さらに「網膜剥離」へと進行すると、目の隅のほうから視野が欠けて行き、見える範囲が狭くなりますが、ここまで進行してしまう前に、専門医の診察を受けることが必須です。

ご予約・お問い合わせ

月曜~金曜
受付時間:
10:30~13:00
15:30~19:00
診療時間:
10:30~13:30
15:30~19:30
第1・3土曜(予約のみ)
受付時間:
11:30~14:00
診療時間:
11:30~14:30
休診日:
日曜、祝日、第2・4土曜

アクセス

〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-17
第一松坂ビル4階

神谷町眼科クリニックオフィシャルサイト