網膜裂孔

網膜は、眼底と呼ばれる眼の奥一面に広がっている薄い膜状の組織のことです。この網膜は眼の中に入った光が映し出される所で、カメラのフィルムに相当します。網膜の亀裂や穴を「網膜裂孔」といい、「網膜剥離」を起こす主な原因となります。

「網膜剥離」とは、網膜が眼底から剥がれてしまう病気ですが、網膜は感覚網膜という光を感じとる層と、その土台となっている色素上皮と呼ばれる層があり、感覚網膜が色素上皮から剥がれてしまうのが「網膜剥離」なのです。
感覚網膜の外層の細胞(視細胞など)が必要とする栄養は、網膜の外側(脈絡膜)から色素上皮を経由して供給されていて、「網膜剥離」のためにこの栄養補給が途絶えると、感覚網膜の光に対する感度が低下してしまいます。破れて品質が悪化したフィルム、ゆがんだフィルムではまともな写真が撮れないのと同じで、「網膜剥離」が起きると、視野や視力に悪影響を及ぼします。

裂孔による剥離と、それ以外の剥離

「網膜剥離」は、その起こり方から裂孔原性と非裂孔原性という2つのタイプに分けられます。非裂孔原性の「網膜剥離」は、いずれかの病気に続発して起こるもので、その病気自体が治療対象となりますが、ここで「網膜裂孔」が原因で起こる「裂孔原性網膜剥離」に絞って解説してみましょう。

PATETOP

網膜裂孔のでき方

中高年者の場合=加齢による硝子体の変化

眼球の内部は硝子体という無色透明のゼリー状の組織で満たされていて、網膜はその硝子体の表面と接しています。年齢とともにゼリー状の硝子体は少しずつサラサラした液体に変化し、その中に空洞ができて(液化変性)容積が減っていきます。この硝子体の液化が進行すると、後方の網膜が少しずつ離れてしまい隙間ができます。この症状は60歳前後の方に多く見られ「後部硝子体剥離」といいます。
「後部硝子体剥離」は加齢による生理的なものです。しかし生じる際に、硝子体と網膜が強く癒着している場合、または、網膜自体が弱くなっている場合には、収縮する硝子体に引っ張られて網膜が引き裂かれ、亀裂や穴、つまり「網膜裂孔」ができることがあります。

若い人の場合=強い近視や目の外傷

強い近眼の場合、眼球の奥行きが通常よりも長いために、眼球を包む壁も薄くなり、網膜にも薄く変性した部位ができることがあります。このような薄い網膜が萎縮してしまい、円孔という丸い裂孔が出現します。
このメカニズムによる「網膜裂孔」は、比較的若い人に多く見られます。その他、激しいスポーツなどで眼球打撲を受けると、急激に眼球が変化して「網膜裂孔」が生じることもあります。

 

飛蚊症や光視症の症状の変化と網膜裂孔への進行

「網膜裂孔」ができるときに飛蚊症の自覚も多く見られます。飛蚊症とは、視野に糸状あるいは膜状の濁りなどの浮遊物が生じ、これが眼球の動きに常についてまわる症状です。明るい所で、あたかも蚊が飛んでいるように見えることから飛蚊症と呼ばれます。
ほとんどは加齢や近視による硝子体混濁から起こりますが、治療が必要かそうでないかをそれらの症状からは区別することはできません。飛蚊症を初めて自覚したときや、その症状がひどく変化したときには、必ず眼科で検査を受けて下さい。
目の前に閃光が走る光視症も、「網膜裂孔」が生じる際によく現れる症状です。硝子体が網膜を引っ張る際の刺激が、視覚信号(光)として認識されるためです。飛蚊症に加えて光視症を感じた場合、「網膜剥離」に進行する確率がやや高いといわれています。

経過観察と、網膜剥離の予防的な治療

「網膜裂孔」の一部が「網膜剥離」に進行するのをいち早く発見するために、眼科を受診して治療が必要な「網膜裂孔」かを診断してもらう必要があります。
眼科で眼底検査をして、「網膜剥離」に進む可能性が高いと考えられる場合に、その進行を食い止める治療を行い、裂孔周囲の網膜に人工的な瘢痕を作ります。このとき、瞳孔からレーザー光を照射するレーザー光凝固か、強膜(眼球の最も外側の膜)越しに行う熱凝固・冷凍凝固という方法で瘢痕を作ります。
凝固によってできた傷は治る過程で瘢痕となり、感覚網膜と色素上皮を癒着させます。これにより「網膜剥離」へ進行する確率が低くなります。ただし、凝固から瘢痕ができるまでに数週間かかり、その間は未治療と同じ状態なので、瘢痕ができてからでも剥離する可能性もあるため常に経過観察が必要です。

網膜裂孔が網膜剥離に進むとき

「網膜裂孔」が「網膜剥離」に進んでしまうと

感覚網膜の下の水分が剥離を拡大する
「網膜裂孔」の症状+視野欠損や視力低下

が起こります。

飛蚊症

「網膜剥離」が起きると、飛蚊症の症状が一段と気になり出します。剥がれた部分の網膜や色素上皮細胞が眼球内を浮遊し、裂孔ができた際に生じた出血が影となって、網膜に映し出されるためです。視野の中に煙が湧くように感じることもあります。

視野欠損

剥離した網膜は感度が低下します。そのため剥離部分に対応する視野が見えなくなる視野欠損という症状が現れます。例えば下の網膜が剥離すると上部の視野が欠けます。ただし、私たちは左右両目で見ているため、視野欠損が軽度だと気づかないことが珍しくありません。

視力低下

網膜の中央を黄斑といい、細かい物を見る能力が格段に高い部分です。この部分の網膜の動きによって視力が決まるため、剥離が黄斑にまで広がってしまうと視力が急に低下します。また、物がゆがんで見える変視症を自覚することもあります。

若い人と中高年者の症状の違いについて

中高年者に多い「後部硝子体剥離」に伴う「網膜裂孔」による剥離は、硝子体による網膜裂孔の牽引が強いため、比較的短期間で進行します。
幼少年から青年の円孔形成には「後部硝子体剥離」が関与しない場合が多いため、無症状のことが多いようです。また中高年の例でも、無症状の場合が少なくありません。
黄斑部の中心部分に、円孔ができることがあります。原因としては変性近視や黄斑の変性、外傷などがありますが、原因不明の場合もあり、中高年の女性に多くみられます。

ご予約・お問い合わせ

月曜~金曜
受付時間:
10:30~13:00
15:30~19:00
診療時間:
10:30~13:30
15:30~19:30
第1・3土曜(予約のみ)
受付時間:
11:30~14:00
診療時間:
11:30~14:30
休診日:
日曜、祝日、第2・4土曜

アクセス

〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-17
第一松坂ビル4階

神谷町眼科クリニックオフィシャルサイト