ドライアイ治療

ドライアイとは

目の表面は通常涙が膜のように覆っていますが、何らかの原因で涙の量が減ったり、涙の成分のバランスが崩れたりして涙が乾きやすくなると、目の表面を覆うことができなくなります。
そのままにしておくと、目の表面に傷がついてしまいます。これがドライアイです。

ドライアイの症状

目が乾く、目が痛い、目が疲れるなどの多種多様な症状が現れます。起床時に目が開けづらくなったり、ものが見づらいなど視力が低下する場合もあります。

ドライアイの原因

涙の量が減る原因は糖尿病やリウマチなどの全身の疾患、また加齢によっても減少します。 涙が乾きやすくなる原因としては、長時間のパソコン作業やエアコンなどが考えられます。

ドライアイの治療

点眼薬で治療できます。涙を補充する人口涙液や、目の表面についた傷を治すヒアルロン酸のお薬がありますが、最近は涙の成分を分泌する薬剤もあります。
点眼薬で治療できない重症例には、目に涙をためる涙点プラグなどもあります。

アクセス

大きな地図で見る

〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-7
第一松坂ビル4階
日比谷線神谷町駅4b出口 徒歩30秒

錦糸町眼科クリニック
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-7 第一松坂ビル4階
電話 03-6435-8960
最寄駅 日比谷線神谷町駅4b出口 徒歩30秒

(ご予約・お問い合わせ)03-5575-5770


大きな地図で見る